就労継続支援とは、一般の企業で働くことが困難な未就業の方へ、就業の機会を提供する福祉サービスです。 一般の企業との大きな違いは、スタッフが障害や病気に理解をもってサポートを行うので安心して就労に向き合える場所です。 なお、就労継続支援は支援内容により、A型(雇用型)とB型(非雇用型)の2つのタイプに分かれます。

就労継続支援A型

A型=「週5日以上働けるが、障がいや体調への配慮が必要な方」に向いています
雇用契約を結んだ上で、一定の支援がある職場で働くことができる福祉サービスです。

就労継続支援A型事業所での就労は、基本的な部分は一般就労と変わりません。
違う点は、一般就労に比べて比較的就労時間が短いことと、スタッフが障がいについて理解と配慮があることです。

一般就労に向けての能力向上や、体調管理のリハビリを兼ねてご利用ください。

就労継続支援B型

B型=「週5日間働くのは難しいが、週に1日からでも就労を始めたい方」に向いています
障害や体調に合わせて自分のペースで働くことができ、就労や訓練を行うことができる福祉サービスです。

自分のペースで働くため事業所と雇用契約は結ばずに、作業や訓練を行います。
行った作業については、作業対価を工賃として受け取ります。

就労継続支援A型とB型 比較表
就労継続支援A型就労継続支援B型
目的就労就労・訓練
対象者発達・身体・精神発達・身体・精神
雇用契約ありなし
工賃
(賃金)
時給工賃


安定した就労へのきっかけとして、また、体調管理のリハビリを兼ねてご利用ください。